よくあるご質問

よくわかる留袖の教科書

女性の正装といわれる「留袖」から「振袖」や「紋付」など、着物にまつわるミニ雑学をたくさんご投稿いただきました。教科書風に並べてみましたので、みなさん、参考にしてください。

そもそも留袖(とめそで)とは

■女性の正装「留袖」

留袖とは?

既婚女性の正装において、第一礼装は黒留袖になります。

黒留袖は黒地に染め抜いた五つ紋に、一越縮緬などの地紋のない生地を用いて作られる伝統的な着物です。

「五つ紋」とは、背に紋が一つ、前身頃抱き紋が一つずつ、両後ろ袖に紋の染め抜きが一つずつあり、その計5ヶ所に家紋が入っていることを言います。


他にも女性の正装には「一つ紋」や「三つ紋」などがあり、紋の数が多いほどフォーマル度が高くなります。

生地の染めについて伝統的な染め方は、白地の生地に紅や藍の色を何度も染め上げて黒色にします。

最近では扱いやすいポリエステルが多くなっています。

色留袖についても、格は同じです。

留袖の歴史

そもそも留袖という言葉は、日本の着物の伝統の中でどのような意味を持つのでしょうか。

袖という言葉は日本人にとって特別な意味を持っています。

他にも 袖にする、袖を引く、袖を濡らすなど、たくさんの言葉があり、日本文化に深く関わっているのです。

昔、未婚女性は男性の求愛やプロポーズに対して、言葉で大っぴらに伝える事が良しとされていませんでした。

そこで気持ちを伝えるひとつのサインとして、袖を利用することを考えたのです。


男性に対して好意を持っていれば袖を左右に振り、そうでなければ袖を上下に振ることで返事をしたのです。

現代に残っている恋愛での振る、振られるという言葉の語源です。

つまり、もう袖を振る必要のない既婚女性であることを示すため、袖を留めた留袖が礼装になったというわけです。

昔は袖を完全に閉じたものでしたが、江戸時代に帯の幅が広くなり身八つ口が出来て現在の着物の形になったのです。


その対極は未婚女性の正装である長い振袖です。

黒留袖は伝統的に江戸褄(えどづま)もしくは裾(すそ)模様とも呼ばれることがあります。

これは和服で褄と呼ばれる裾と袂(たもと)の下の部分だけに模様があることに由来します。


紋付の黒留袖が女性の正装となったのは昭和、それも戦後になってから第一礼装としての地位が確立しました。

昭和初期の柄は現代のような華やかなものではなく、裾に低く柄を配したものばかりでした。

江戸という言葉は武家を換言したもので、柄の配し方が質素を尊ぶ武家の意味で江戸褄と呼ぶようになりました。

留袖の選び方

留袖を慶事に着用する時は、裾模様も伝統あるおめでたい吉祥文様、松竹梅、鶴亀、御車などが良いでしょう。

できるだけ縁起のいい柄が描かれているものを選びましょう。


出席する式での立場によっては金糸銀糸の刺繍や金銀の箔など豪華な技法が施されているものが相応しいでしょう。

良く見るのは新婦の隣に座る仲人、新郎新婦の母親、既婚の姉妹、親戚などです。

黒留袖姿の女性が親族席にいるだけで、結婚式の雰囲気ががらりと変わりますので、格式のある結婚式ならできるだけ着ていきたいところです。

親族の結婚式にも是非着ていきたい留袖ですが、自前で誂える(あつら)には少し躊躇してしまいます。

レンタルのすすめ

着物は誂える値段も高い上にお手入れも大変で、特に色が褪せてしまいやすいので注意が必要です。

レンタルならばそんな心配もなく体型が変化しても大丈夫ですし、その時々の季節に合わせたものを選ぶことが出来ます。

季節に合った柄や、小物はその時々で変わりますので、黒留袖のレンタルは特におすすめです。

また、遠方での結婚式に出席する場合も着物一式の持ち運びは大変です。


五つ紋にさえこだわらなければ、レンタルなら式のある地へ送ってもらうことも可能です。

さらに終わった後もそのまま送り返せばよいので移動も楽になります。

結婚式への出席は着るもの以外にも、準備や打ち合わせなどやることが沢山あります。

着物の準備は小物や風通しなどいろいろ手間のかかるものです。

着物の準備に煩わされることなく、式の準備に集中するためにもレンタルはおすすめです。

■留袖の歴史

五つ紋の意味

留袖とは女性の着る着物の中で最も格式の高い着物とされています。

黒留袖と色留袖があり、黒留袖には五つ紋と呼ばれる家紋をつけます。

この五つ紋をつけることによって最高の格式、第一礼装となるため、身内の結婚式などで着用するのが一般的になっています。

また衿や裾が二枚に見える「比翼仕立て」というものにします。これは祝い事が重なると縁起が良いということと、重なりを持たすことで重厚感がでますのでより格式高くみえるということからいわれています。

これにより、どんな正式な場に出ても恥ずかしくない格の高い着物となります。

色留袖は五つ紋を入れた最高級の格式のものから、三つ紋にすることにより少し格をあえて下げることもでき、幅広い場に用いることができる着物となります。


五つ紋とは、染め抜きのはっきりとした定紋を五つつけることをいいます。「染め抜き日向紋」というのが最高ランクの紋になります。

背中につけるのが「背紋」、両胸につけるのが「胸紋(抱き紋)」、両袖につけるのが「袖紋」となります。

この紋にもそれぞれ意味があり、「背紋」はご先祖様をあらわし、「胸紋(抱き紋)」は両親をあらわし、「袖紋」は兄弟・姉妹・親族をあらわすと言われています。

また、古くから紋には邪気を払う力があるとの言い伝えもあり、「背紋」は特に背後からの悪しきものを払うという一説もあります。

家紋は実家の母方の家の紋を入れるのが習わしとなっています。

留袖の歴史を知る

留袖の特徴は裾の部分にのみ柄があることと、袖が短いことが特徴です。

この袖の短さは、元々は振袖の袖を落したものなのです。

留袖の歴史は江戸の元禄時代にさかのぼります。

元禄時代以前は袖が短いものが主流でしたが、今と同じ袖の長さになったのが元禄時代といわれています。

この頃はまだ既婚者が普段着として着るという風習みたいなものでした。


しかし、江戸時代末期から明治時代に入る頃に黒染めに五つ紋を入れ、裾のみに模様を配した着物を既婚女性の式服(結婚式などの正式な場に着用する着物)とする習慣が庶民にも広まり、それ以来この着物を主に留袖と呼ぶようになり、普段着から最も格式の高い第一礼装へと変遷していったといわれています。


歴史的に見れば、着物の原型は「小袖」で、袖丈が短く脇のあいていないものでした。

そして脇を開け、振りを作った着物の事を「振袖」と呼んでいました。

この「振袖」は子どもの着物として広く着用されていました。子供は帯を使用せず、付け紐とよばれるもので着物を押さえていたので、この付け紐を通すために脇をあけた着物が「脇明小袖」とよばれるものでした。

この時代に男女関係なく元服前の子供が着用していたのが「脇明小袖」です。その後、小袖が長くなるにつれて動きにくさをなくすために振りをつけていきました。これが振袖にあたるものとされています。


そのさらに後の時代になり、未婚の女性が好きな男性に見せる着物として振袖が着用されるようになりました。しかし、結婚することによってその必要はなくなります。

そこで袖を短くするようになったのが留袖の歴史であると言われています。


袖を切り落とすというのは縁起も悪く、縁を切るということにもつながりますので、袖を留めるとし、そこから留袖といわれるようになった歴史があります。

またもうひとつの特徴である裾の部分にだけの模様。着物の裾から上部に向かって上品な柄が広がります。

この模様の入れ方を「江戸褄」といい、現在の一般的な柄となっています。

その他の着物

■振袖とは?

振袖は未婚女性の第一礼装

振袖は「未婚女性」の第一礼装です。

他の礼装に比べて、様々なシチュエーションで着用する機会の多い着物といえます。

振袖が一番多くみられるのは成人式ですが、その他にも卒業式や、兄弟、親族、友人等の結婚式、結納の席にも使われます。

最近では和装の結婚式が多くなったためか、自分の結婚式のお色直しとして振袖を着ることも多くなっています。

振袖の年齢制限

では振袖着用には年齢制限のようなものはあるのでしょうか。お客様からよく寄せられる質問です。

「未婚女性は振袖」とはいっても、振袖には若い人の正装というイメージがあるので、「未婚なら何歳でも着られるの?」という疑問をお持ちになっても無理からぬ話です。


とくに最近は年配のシングル女性も増えました。40歳でも未婚なら振袖を着るのが正しいのか、気になるところです。

一般的には未婚であり、また派手過ぎない振袖であれば、30代前半まで着てもOKというのが最近の風潮でしょうか。

特に友人としての披露宴出席の場合はあまり気にする必要はないでしょう。ただし20歳のときにあつらえた振袖を30代で着るのであれば、派手過ぎないか、若すぎないかチェックしましょう。


また未婚でも、ある程度の年齢になると通常の女性は振袖を着ないもの、と認識しておきましょう。

つまり現実には「振袖には年齢制限がある」のです。

フォーマルな場で着用する着物ですので、年齢に関係なく着る、つまり本人の自由というわけにはいきません。


そのような場では、たとえ本人が年齢より若く見える人だとしても、実際の年齢が知られていることも多く、時には失笑を買ったりします。

確固たる規則がありませんので、気にせずに着用する方もいらっしゃいますが、「常識的に考えて」という範疇での着用に限った方が無難といえば無難です。


婚礼マナーも年々、様変わりしてきています。

会場や結婚式のスタイルによっては、厳しいドレスコードを意識する必要もなくなりました。それでもやはり、お祝いの席だということは今も昔も変わりません。

たとえゲストだとしても、主役であるべき花婿花嫁やご親族、ご家族のことも配慮して、衣装選びをしましょう。

現代日本での平均的な結婚年齢が約29歳ですので、30歳前半までが着用できる年齢という考えが無難といえましょう。

振袖の種類

「ハレ着(晴れ着)」である振袖は、袖の長さで3種類に分けられます。

・大振袖(約115cm、三尺三寸)
・中振袖(約105cm、二尺八寸)
・小振袖(約85cm、二尺三寸)

袖が長いほど格式が高くなるといわれ、本振袖ともいわれる大振袖は花嫁が着ることもあります。その場合、ゲストが少し格を下げて中振袖を着るのが礼儀です。


昔は五つ紋をつけ、着物全体に柄をつけてある絵羽模様であるものが正式とされていました。

現在では紋は省略されているケースがほとんどです。

中振袖は大振袖に次ぐ礼装で、袖丈の長さはおよそ二尺八寸です。

結婚式への親族としての出席や、成人式などの正式な儀式の場に着用する正装です。

結婚式、披露宴のゲストの装いとしても人気が高く、会場を華やかにできますので大変喜ばれます。


昔は成人式には中振袖が一般的でしたが、現在は女性の身長が高くなったためほとんどが長いものになっています。

小振袖は一般に市販されておらず、袖丈の寸法を指定して仕立ててもらいます。

袖丈が短いので、若い女性ならではの可愛らしいイメージになります。

気軽な礼装の場合に着用し、堅苦しくなく楽しめます。

観劇やお茶会などの外出や、ちょっとしたパーティーに着用します。

袖を振るのは恋愛のサイン

振袖が生まれたのは江戸時代初期、約400年前のことです。

若い女性が着る正装の着物の袖丈は時代と共に長くなってきました。

1600年代には袖丈55から95センチ、1800年代後半には約95から122センチになっています。

しかし袖が長くなると日常生活では邪魔になることが多くなり、普段着として着用されることはありませんでした。

そのため明治時代以降は、未婚女性の正装として定着したのです。


踊り子が舞台の上で舞踊を披露する時に、より煌びやかに、美しく見せるために長くしたという説もあります。

また、昔は袖を振る行動には恋愛のサインが隠されていました。

男性からの求愛に対し、好きと伝えるときは袖を左右に、嫌いと伝えるときは袂を前後に振って合図していたのです。

踊り子たちは頻繁に袖振りをしたのですが、それを未婚の若い女性たちが真似して流行らせたことがきっかけなのです。

さらには袖を振るという行為は厄払い、清めの儀式に通じる仕草でもありました。

結婚式や成人の日などの晴れの日に着用するのは、身を清める目的でもあったのです。

人との縁を呼び寄せ、厄を払ったと考えられています。


柄付けで最も多くみられるのは手描友禅の技法で四季の草花や鳥獣、風景などが描かれたものです。

さらに、金糸銀糸で刺繍や金箔を施したりすることで、格を高くしつつも華美な柄付けがなされています。

現代では様々な色や柄があるため、選択肢も昔よりずいぶんと広がってきています。

特にプリント技術が発達したため、現代風の柄の着物も多くあります。

■紋付とは?

「紋付袴(はかま)」は男性の第一礼装

日本における着物は男性にとっても女性にとっても文化を代表する最高の礼装です。

男女によって、着物の着方は異なってきますが、既婚女性は特にお子様の卒業や入学、結婚式など、イベントごとの着用が多いですね。

特に子育てを頑張っていらしたお母様方のなかには、イベントの時になにを着ていいのか悩む方もいらっしゃるかもしれません。

スーツもいいですが、最近は着物を着ていらっしゃるお母様も見かけます。


着物はやはりいいものです。今はレンタルもありますし和服で決めたいときは正しい選び方を考えましょう。

女性の「留袖」と同様、男性の第一礼装は「紋付袴(はかま)」となります。なにかと袴を着る場面というのは限られていますが、結婚披露宴における新郎の礼装には、紋付の袴が一番ポピュラーでしょう。

紋付袴は、五紋付きの長儀に黒い羽織り、これが男性の第一礼装となります。


着物の生地もたくさんありますので、上品でしとやかなものを選びましょう。同じ黒でも、生地によって違いが出てきます。


さて、家紋も旧家出身でない限りはなかなかわからないものですが、あらかじめ人生にたった数回ある、でも決して欠かせないイベントの日のために、調べておくのはありかと思います。家紋は鎌倉時代から使用されるようになりました。ご先祖をたどってお寺に問い合わせてみれば、調べることはできます。

着物レンタルの注意事項

今の時代、和服が礼装という概念はなんとなく希薄になりがちですが、ここはしっかりしたほうがいいですね。とはいっても、着物も袴も一から仕立てると高くなってしまいますので、レンタルをするかたが多くいらっしゃいます。


全国には着物レンタルショップがたくさんあります。家紋は入れることはできませんが、それでも礼装として恥じない和服を借りることができるショップが多数あります。


レンタルの注意事項は、空き状況を事前に確認しておくことです。親切で細やかに行きとどいたレンタルショップを利用しましょう。借りてよかった、着てよかったと思えるようなこだわり、おもてなしの心はやはり日本ならではです。


とくに結婚式では男性の第一礼装は素敵です。子供のためにご夫婦そろってのレンタルというのも、仲のよさがうかがえていいですね。また、モーニングをフルレンタルすることもでき、上下違うサイズのものも受け付けているショップもあります。よく、上と下でサイズが違うというかたも、悩む心配はありません。ありがたいサービスですね。大事な日は衣装も大切です。ばっちりきめて、いい思い出が残るようにしましょう。

■訪問着と留袖

(訪問着の写真入れる)

使い勝手の良い訪問着

女性が、結婚式などのお呼ばれで着用する着物にはある程度決まりごとがあります。

結婚する前なら振り袖、結婚した後には訪問着を着用するのが一般的です。

訪問着は、独身女性でも年齢を選ぶことなく大人の女性であれば着用できる使い勝手の良い着物です。そのため需要の多い和服だと言えます。


そして親族の結婚式に出席する折には、留袖を着用するのが礼儀となっています。

留袖は、最も格式の高い第一礼装です。これは、洋装におけるイブニングドレスに相当します。


振り袖は年齢的に着用期間が短いため、振り袖を購入される時に、訪問着にリフォームして使えるように着物の柄や色を選ぶ方もいます。

この場合同じものを何度も着用するため、目新しさに欠けてしまう恐れがあります。そのような場合には、レンタルがお勧めです。

レンタルなら値打ちのある品を数多くの中から選ぶことができ、それを安い価格で借りて利用することが可能です。


留袖は格式が高いので、親族の婚礼以外にはあまり着る機会がありません。黒留袖以外に色留袖もあります。レンタルされるときには参考にして頂けると幸いです。


訪問着はご自分の結婚後に、友人や知人の結婚披露宴に着用して出席するだけの着物ではありません。結婚式後、ご近所さんへの挨拶まわりにも着用出来ますし、お子様の入学式や、卒業式、発表会やパーティーなど、格式ある華やかな社交場へ着て行くのにもぴったりの和服です。


高貴な方とのお茶会などに着用して出席しても失礼にはならないので、着ていくものに困ったときの候補に入れておくと、お役立ちいただけます。

このように訪問着は着ていける場所が多く、格式も紋を入れれば色留袖と同じくらいあります。

着物を着こなす楽しみ

着物は着ている人を上品に、美しく引き立ててくれます。それに、今はご自分で訪問着や留袖を購入されなくてもレンタルで気軽に借りることが出来ますし、ドレスのように着る時間帯を気にする必要もありません。昼夜の区別なく着用できるので時間を選ばず着用することができます。


女性の体型は妊娠出産などでも変化しやすいのですが、着物ならその変化にも柔軟に対応出来ます。訪問着は、上前から下前まで柄が続いています。それだけではなく胸、袖のたちめの部分にまで、柄が綺麗につながるように描かれています。おくみにも柄が入っています。


着物の柄には、季節の花や縁起の良い植物、動物、また見る人の心を和ませる風景などが描かれ、職人の技と技法が生きています。 着物一点一点に芸術作品とも言える絵が描かれています。

着物の生地から色、柄全てに日本の伝統美を感じることが出来ます。

着る人を楽しませ、見ている人をも楽しませてくれるのですから、海外の女性からも憧れの存在です。

ですから海外から旅行に来た女性に着付けをしてあげると大変喜ばれます。


日本の伝統と文化は、明治時代に海外の文化を取り入れながら大きく発展しました。

それは、和服も例外ではありません。

訪問着は、海外のビジティングドレスに当たる和服として考え出され、今日まで大切に技術が受け継がれてきたのです。

日本に生まれ育ったのなら、美しい日本の伝統美である留袖や訪問着を着こなす楽しみをぜひ体感し、実感されることをお勧めします。


お子様やお孫さんのため、一緒に晴れの日に相応しい和服を選んであげるのも楽しい事だと思います。

人生の節目節目には、それに相応しい和服を着て、思い出にご家族で記念撮影しておくのもお勧めです。

応用編――留袖で自分の価値を上げる

■おしゃれ用の華やかな留袖

上品でグレードの高い手刺繍

ミセスの正装として着られる留袖は、黒地に裾模様と五つ紋がある着物です。

最近では、着る機会も少ないことからレンタルを利用される方も多く、留袖を持っている方でも、多くの柄を楽しみたいという場合や、手持ちの留袖より良い物を着たいと思われている方などは、レンタルで手軽におしゃれを楽しんでいます。


数多くの留袖から一枚を選ぶ時、やはり優美さがある柄を選びたいものです。留袖の柄には、生地に柄が染めてあるもの、金箔、銀箔などの箔刷りがあるもの、刺繍がされているものがあります。
その中で優美な華やかさがあるのは、やはり手刺繍がされている留袖です。


手刺繍は糸で厚みが出るため、柄にボリュームが出て豪華さが増します。さらに金糸や銀糸を使うことで人目を引くような華やかな印象を与えます。

特に金糸は、留袖の刺繍に使用すると生地の黒を引き立たせます。黒地と金糸はとても相性の良い組み合わせなのです。


安価な着物は、機械で刺繍しているものもありますが、手刺繍のようなボリューム感はなく、質感がペタッとした感じになります。


これに対し、金糸や銀糸の華やかさが活かされる手刺繍は、上品でグレードの高い雰囲気がありますので、手刺繍の施された留袖はお薦めです。


留袖選びの時に、柄以外で注意して見て頂きたいのが生地の黒色です。着物の生地を黒に染める時、染め方等によって色が微妙に違います。良いとされている着物の黒は、漆黒のきれいな黒ですが、化繊などの安価な着物やあまり染めの良くない着物の黒は、少し色が薄い感じがして濃いグレーに見えます。

優美さがある本物の正装を

ただ草木染めの場合、漆黒という色合いにはなりませんが、染めの良くない着物の薄い感じの黒とは違った黒で、決して染めが悪いというわけではありません。


着物について知識が少ないという人も多い時代になってきましたが、それでも正装をしなくてはいけないシーンが時にはあります。特に着物で正装をする場合、他の人も知識がないからと油断するより、優美さがある本物の正装をしてみたいと思いませんか。


着物の生地や柄について、ほんの少しのポイントを知っているだけでも、着物選びは違ってきます。

レンタルの着物を扱っている店によっては、正絹も化繊も同じように並べてレンタルしている店があります。確かに最近では、見ただけで正絹と化繊の区別がつかない人も多くなりました。ただ解らないのをいいことに、品質に関係なくレンタルさせようとしている店は、利用しないほうがいいかもしれません。


もし解らないことがあった時に、正しい知識を持ったスタッフが丁寧に説明してくれる店ならレンタルしても安心です。

結婚式の披露宴会場など、何人もの人が留袖を着ているようなシーンでは、良い物を着ていて目を引くのは当然ですが、品質の良くない物を着ていても、悪い意味で目を引きます。


親族が集まるような場所では、だれがどんな物を着ているのかを気にする人がいたり、あまり良くない物を着ていると余計な口出しをしてくる人がいるものです。

上品な優美さのある正装をするためにも、品質の良い着物を数多く置いているレンタル店を利用してみてください。


和ダンスのないご家庭などでは、着物の保存場所にも困りますし、防カビ対策などの管理も大変です。

保存の難しい高級着物ほど、レンタルを上手に利用してください。またレンタル店なら、和装小物も一緒に借りることができるので、自宅では何も用意する必要がないというのも便利です。


着物のレンタルの中でも、ミセスに一番需要が高いのが留袖レンタルです。いざという時のためにも、日頃から良い商品がレンタルできるところを決めておくと安心です。

■黒留袖と色留袖の格の違い

黒留袖は既婚者の第一礼装

結婚式などの慶事に参列する場合、既婚者の第一礼装となっているのが黒留袖です。

黒留袖は、着物のすその部分に、一枚の絵のようになる模様が描かれています。

鳳凰や鶴亀、宝船、松、竹など豪華な柄は和装ならではの気品と趣が感じられます。それらの吉祥文様には、それぞれに意味があり、鳳凰や鶴亀などは長寿、宝船は繁栄、竹は成長など、それぞれに人生の成功や未来の幸せを願う気持ちが込められています。


黒留袖には、年齢に応じた選び方もあるようですが、最近ではいろいろなデザインの柄もありますので、自分の体系や顔映りなどに合わせて、似合う着物を選んでいくのが良いでしょう。


生地には、上質なちりめんが使われ、羽二重を重ねて着るのが基本になっています。

近年では、衿や袖口、振りや裾、そして衽(おくみ)のみを重ね、簡略化した比翼仕立てのスタイルが多く見られるようになってきました。

黒留袖の大きなポイントは、染め抜きの紋が5つつけられていることです。紋が5つあるのが、礼装のなかでは最も格の高い着物となっています。

色留袖はさまざまなシーンで着用できる

その名のとおり、薄い色で染められた生地で作った留袖が色留袖です。

黒留袖を着るにはまだ年齢が若すぎる方や、結婚式などの格式のある場だけでなく、さまざまなシーンに着用したいという理由から好む方もいらっしゃいます。


一般的には、準礼装といわれる場合が多いようです。

それは黒留袖がたいてい五つ紋であることに対して、色留袖が三つ紋で作られることが多いからです。

色留袖でも五つ紋をつけている場合は、黒留袖と同格の第一礼装と見なされますのでご安心ください。

つまり留袖は紋の数で格が決定しますので、そこを注意しておくとよいでしょう。


ただし、結婚式に出席する親族であったり、新郎新婦の母である場合は、色留袖は避けたほうが無難かもしれません。五つ紋であることをよく確認してから黒留袖を着用するように心がけておきましょう。

気品あふれる礼装

いずれの場合も、留袖は気品にあふれる礼装です。伝統的な風習やしきたりなどが厳しい地域では、留袖は女性の嫁入り道具のひとつでもあります。その価値はやはり素晴らしく、結婚式などで留袖を身にまとった女性は、立ち居振る舞いも美しく気品に満ちているように映ります。


結婚式に黒留袖を着る場合は、ご自分で持っていらっしゃる方は、どんどん着ていくようにしましょう。留袖は年配の方が着るものだと思われていますが、実際は年齢を選ぶことはまったくありません。華やかに見せたい場合は、帯や帯止めを変えることで、印象が随分変わります。一枚持っていれば、長く着られるのも着物の良い点で、祖母から母へ、そして娘へと、代々受け継いでいらっしゃる方もいます。ドレスと違って、着ていく時間帯も選びません。格式がありますので大切な場所であれば臆することなく着られるのが良いところです。

レンタルで年齢や立場に合った留袖を選ぶ

とはいえ、近年では高額な着物を作るよりも、貸衣装の方が便利なので、結婚式の衣装はレンタルする方がほとんどです。新郎新婦のご両親、親族が黒留袖を着る場合は、まとめてレンタルし、それぞれの年齢や立場に合ったものを選んでいくという方法もあります。一人ひとりで借りるよりは、結婚式場へ直接送ってもらい、グループサービスを受けられるショップもあります。


またレンタルショップでは色留袖も用意されていますので、チャレンジしてみてください。

気品と美しさと格を持ち合わせた和装は、日本の誇りです。

結婚式など、着る機会があれば、ぜひ着るようにしてください。

■綺麗な留袖姿のためのマナー

厳粛な気持ちで晴れの日を祝う

結婚式を迎える新郎新婦の母親、その他の既婚の親族、仲人夫人は留袖を着ることが一般的です。

晴れの日を祝う意味では、新郎、新婦により近い立場の人達は、この留袖を着て結婚式に参列することが必要です。留袖はお祝いの席では最も格式の高い礼装になります。こういった衣装を着ることはそう何度もありません。近しい人達の幸せを願って、心強い味方としてこの着物を着て参加することはとても思い出深いことです。この日を厳粛に受け止めることが大切なこととなります。

この日のために留袖を購入する人達もいますが、レンタルで済ませる人達も多くいます。レンタルの良さは色々とあります。まず第一に費用がかかりません。新しく留袖を購入することと比較をすると、ずいぶんとリーズナブルに済みます。結婚式を挙げることはある程度の費用がかかります。若い二人の新しい門出を祝い、準備のためにお金も多く使います。一日のために着る着物をリーズナブルにレンタルで済ますことは現代的で有意義なことであるため、評判もよくなっています。

さらに良い点は、結婚式当日に、式場まで衣装を届けてくれることです。留袖等の着物を着るためには、帯やぞうり、バックや小物等、様々な荷物でいっぱいになります。遠方からの場合は、さらに色々な荷物があるため、移動の際には大変です。こういった荷物を減らすためにも、レンタルを利用すると、とても便利でスマートです。

あらかじめ結婚式衣装のレンタルサイトにアクセスをし、よく検討をします。様々な種類の留袖が並んでいますので、自分達の好みにあったものを探すことが必要です。綺麗で優美さがあり、華やかな感じのするものを選びます。綺麗なものは多いのですが、好みがあるため、やはり好きなものを選びます。留袖の美は、裾模様の綺麗さです。黒が地色ですから、裾の模様の華やかさによって留袖の美はきまっていきます。晴れの日に向けて、美を追求し、なるべく綺麗な着物を着て祝うことが大切です。

お祝いの日ですから参加者も楽しみましょう

レンタルサイトは、年代によって選べるようにもなっていますので、自分の年代ではどういった着物が向いているのかを参考にすることが出来ます。年代に応じた美が表現出来るように、気遣うことも必要なことです。招待客も多い場合は、気をつけることが大切です。こういった選び方でよいものを選ぶと、自信をもって参列することが出来ます。

着慣れない着物については、あらかじめサイトなどでチェックをし、知識を身につけておくことが必要です。留袖を着るのは、どういった人達なのかは常識とされますので、間違うことがないようにお気をつけください。

さらに着物を着た場合には、髪型などにも注意が必要ですが、日頃はしないようなヘアスタイルにチャレンジし、イメージチェンジをすることも楽しいことです。お祝いの日としての礼儀正しさは必要ですが、参加する人達が楽しいことが何よりも大切です。自分達の衣装が綺麗で、その衣装にあった髪型やメイクを施すことも楽しみのひとつです。

プロの美容師にお世話になることも安心です。着物にあったヘアスタイルやメイクをして、華やかさを演出してもらいましょう。なかなか着物を着る機会のない人達は、こういう日には思いっきりおしゃれをするのも楽しいですよ。そして写真もたくさん撮って、思い出を残しましょう。

結婚式は本人以外の親族なども、精一杯楽しむことが大切です。若い二人が主役ですから、前途は明るく楽しいものとなります。その二人に関係が深い人達も、ほっとした思いが大きく、心から楽しい一日になります。着物も綺麗、着る人達も心から幸せな笑顔でいっぱいの、記念すべき大切な日になります。

結婚式での正装とは

■結婚式での正装の定番とは

結婚式の衣装は両家そろえたほうが見栄えします

留袖は、和服の1つで既婚女性が着用する格の高い礼装です。着物の格においては第一礼装になり、西洋のイブニングドレスに相当しますが、イブニングドレスのように時間の制約はなく、昼夜問わず着用できるます。
なかでも和の最高礼装は「黒留袖」です。結婚式のときのお母様達の8割はこの黒留袖を着用している定番の正礼装です。会場に招待しているゲストの顔ぶれを選ばない黒留袖は、最も無難な衣装と言えます。母親は引き立て役ですので新婦より目立つのは控えます。控えめだけど気品ある服装を心掛けることが大切です。

結婚式で留袖を着ていいのは、新郎新婦の親のみというイメージがあるようですが、新郎新婦の身内の既婚女性なら着てもよいとされています。

黒以外のものは「色留袖」と呼ばれ第二礼装でありますが、五つ紋にすると黒と同格だとされ、紋の数に気をつければ結婚式でも着用できます。

留袖着用時のヘアスタイルですが、アップにまとめて上品で艷やかなイメージにするとよいでしょう。ショートヘアの方でも髪のボリュームアップグッズなどを使い、まとめ髪にすると素敵です。

また結婚式の際の衣装選びポイントは、両家揃えたほうが見栄えがよくなるという点です。写真撮影もありますので両家の母同士が和、洋揃っていたほうが写真のおさまりも良く感じます。

さらに花嫁よりも控えめにするというのが最大のポイントです。アクセサリー類もあまりたくさん見に付けるのではなく、存在感ある高価なアクセサリーに絞って身に付けると気品ある佇まいになります。

昼の式なら新郎新婦の父親はモーニングを着用

次はモーニングについてです。モーニングは洋装の正礼装であり、19世紀〜20世紀にヨーロッパで確立された正式な式典やパーティーに着用する服装です。その名の通り、時間帯によって着用するものが変わってくるのが特徴です。

昼間はモーニング、夕方から夜にかけてはテールコート(燕尾服)、タキシードというように区分されています。結婚式の場合も、時間帯によって着用する洋服が変わるので、注意が必要です。

昼間の結婚式の場合、新郎新婦の父親はモーニングを着用するのが一般的ですので、モーニングを着ているとそれだけで父親だということがわかります。

モーニング着用の際、シャツの選び方は白無地のレギュラーカラーシャツ、またはウイングカラーシャツを選ぶのが無難です。タイはネクタイ又はアスコットタイを選びます。色は白、またはシルバーグレー、白黒がお勧めです。

アクセサリーはカフスボタン・サスペンダー・チーフ・手袋・ソックスです。

サスペンダーはフォーマルな白黒の縞が定番です。

チーフも定番の白をチョイスするのが無難です。手袋は白、ソックスは白黒の縞、または黒無地をチョイスするのが普通とされます。靴は、黒のストレートチップまたはプレーントゥを選びましょう。

留袖もモーニングも最近では、レンタル衣装での着用が多くなりました。

留袖レンタル衣装専門店では、着物、帯、長襦袢、帯揚げ、帯締め、末広が一式でレンタルでき、バック、草履、小物レンタルの料金も込みのケースが多く見られます。また、結婚式場内の衣装室からのレンタルですと、ややお高くなる傾向があります。事前にネット等で予約し、式場まで届けてもらうとお得です。

レンタル衣装専門店でモーニングをレンタルすると、モーニング上下、ベスト、タイ、カフス、アームバンド、サスペンダー、白手袋、ポケットチーフが一式そろえてもらえます。シャツや靴は別料金が通常です。結婚式場内でのレンタルになると、レンタル衣装専門店よりは高いケースが多いようですが、式場内ということで手間がかからない分、割高と考えましょう。

■結婚式での黒留袖は帯にもこだわりたい

着物の格式を知ることで「本当の着物美人」になる!?

着物にも格式とTPOがあります。着物が華やかだからといってTPOや格式に合わないものを着ていると周りから浮いた印象になってしまいます。着物の格式を知ることで本当の着物美人になることができます。

結婚式の晴れ舞台ですとやはり礼装するのがふさわしいものです。

特に3親等までの身内の結婚式ですと、第一礼装を着用するのが一般的です。女性の場合は既婚ですと留袖が第一礼装となります。身内の結婚式で着用するのならば黒留袖が一般的です。

留袖とは裾にだけ柄の入った着物で、これに五つ紋といわれる家紋を入れることによって一番格の高い着物となります。洋装でいうとイブニングドレスのようなもので、五つ紋入りの留袖を着ることで正式な場に出ることができます。

この五つ紋とは、背中につける家紋が「背紋」。両胸につけるのが「胸紋」。両袖につけるのが「袖紋」となります。「背紋」はご先祖さまを、「胸紋」は両親を、「袖紋」は兄弟・姉妹・親戚を表すと言われています。また昔から紋には邪気を払うという言い伝えもあり、「背紋」は特に背後からの邪気を払うものとされているという一説もあります。

また、この紋は実家の母方の紋をいれるのが一般的ですので注意が必要です。

この五つ紋は染め抜きで入れるものですが、レンタルなどの場合ですと家紋シールというものがありますので上からそれを貼るか、もしくはレンタルの会社で一番一般的な家紋を入れてある場合がありますので、一日限りのことでしたらそれほど気にしなくてもよいでしょう。

次に黒留袖の柄行ですが、結婚式という華やかな場所での着用となりますので刺繍や染や箔を用いた正倉院文様や吉祥文様、有職文様などが多くなっています。様々な文様がありますが、結婚式という場を考えて品格があり、華やかでそれでいて重厚なものを選びます。また年齢によっても様々です。若い方は全体的に柄のあるようにみえる総絵羽模様のようなものなど、できるだけ華やかなものを選びます。年配の方ですと、柄が多くなくすっきりとした上品なもののほうが品よく見えます。

最近は袋帯を合わせるのが基本

黒留袖に合わす帯も重要になってきます。帯にも着物同様格式があり、その着物に合ったものを選ぶことが大切です。

昔は黒留袖には丸帯が一般的でしたが、生地が厚く締めにくいものですので最近では袋帯を合わせるのが基本となっています。

黒留袖が最高に格式の高いものですので、帯もそれに応じて最高級のものを合わせます。

金銀などの箔のついたもので「泥金箔織り」、「金地」、「唐織」、また「錦織り」などがあります。どっしりとした重厚感のある「泥金箔織り」は高級感があります。「金地」「唐織」「錦織り」など古典柄を織り上げたものは上品さを演出することができます。このような格調の高い帯を選ぶことが大切です。

また黒留袖の柄行によっても合う、合わないがあります。着物の柄行が総絵羽模様のようなものですと、帯は柄の少な目のものを選びます。反対に着物が少し地味目な柄行でしたら古典柄の振袖に合わせるような華やかなものを用いてもよいでしょう。

その他、小物類も白・金銀を用いたもの、長襦袢や半衿は白のものにします。草履はかかとの高さのあるもののほうが華やかですので高めのものを選び、色柄は「金銀の佐賀錦や布地のものを選びます。

またバッグも黒留袖の品格に合う格式のあるものを選ぶようにします。草履とバッグは必ずしもセットでなくても構わないとされていますが、セットになったものの方が一体感がありますのでお勧めです。

このように黒留袖にこだわりと格の合う帯・小物を身につけることで、より華やかな装いとなり、結婚式の祝い事にふさわしいスタイルになります。

■留袖は厳かなシーンの晴れ着として

どんな晴れの場に出ても恥ずかしくない衣装が留袖

結婚式などの正式の場に参加するときには、その場にふさわしい衣装を選ぶことが、大変重要です。

女性の正装には、いくつかあります。和装であるなら、訪問着や留袖が一般的です。

自分がどの立場であるかも大切ですが、留袖であれば、既婚女性の第一礼装なので、

場所や時間にかかわらず格が高い衣装とされています。そのなかでも、最もランクが高いのが黒留袖です。

晴れ着としては、品格もあり、結婚式をはじめとして、どこに行っても、誰と対面しても恥ずかしくない衣装と言えます。

昔から、結婚式と言えば、男性の親はモーニング、女性の親は黒留袖と決まっていました。この伝統は今でも続いていて、

モーニングに黒留袖であれば、申し分ない組み合わせで美しさもあります。

結婚式では、ドレスにする人もいますが、ご両親の立場であれば、黒留袖をぜひとも選んでください。

親族も、留袖を晴れ着として着ると、結婚式が華やかで格式のあるものになるでしょう。

もちろん、黒留袖はまだ着たくないというかたなら、色留袖でも準礼服なので大丈夫です。

ただし、5つ紋のものであれば、黒留袖と同格の第一礼服になります。

和装のゲストが多い結婚式は、はた目から見てもどこか品があり、家と家の絆を大切にしているというのが感じられます。

衣装には、それだけの力があるということです。

結婚式には、できる限り正装の留袖を着るように心がけていきましょう。

留袖はあまり着る機会がないから、わざわざ買わないという方も少なくありません。その場合は、レンタルをお勧めします。

着物だけでなく、帯や草履、バッグまでセットされたものもあり、安価な料金で借りることができます。

年齢に応じた柄や帯もそろっているので、レンタルであれば、その時々に応じたものを選べるメリットがあるでしょう。

また、季節感に合わせた粋な選択ができて、和装の楽しみも味わえます。

使用した後も、衣装のクリーニングや保管をしなくていいので、気軽にレンタルショップをのぞいていましょう。

着物に苦手意識のある方は、まず試着してみることです。普段、着慣れないので敬遠してしまいますが、着ると美しいたたずまいになるのが和装です。日本人ならではの和の美しさを体験してみるといいかもしれません。

もし、結婚式の衣装で迷ったら、ぜひ留袖をセレクトの候補に入れてください。

人生の大切な節目に活躍する留袖

ところで、留袖を着るのは、結婚式だけのものと思っていないでしょうか。

たしかに、結婚式では留袖を着ている人が多いのですが、

ほかにも人生の大切な節目節目になると活躍してくれる衣装だということも知っておいてほしいと思います。

留袖を着る機会を簡単にご紹介しましょう。

子どもができたら、まずお宮参りをします。そのときに着るのも留袖です。そして七五三、小学校の入学式と卒業式、

中学校になったらまた入学式と卒業式、高校にも、同様に入学式と卒業式があります。

さらに、子どもが成人し結婚が決まったら、結納から挙式まで、何度も留袖を着る機会が生まれてきます。

もちろん、大切なお呼ばれやパーティーなどには自信を持って着用できるものも留袖です。

日本の既婚者の晴れ着として、いちばん重宝するのが、留袖だと言っても過言ではないかもしれません。

最近では、卒業式や入学式に和装で参列する人も減ってはいるようですが、

式と名の付くものには、きちんとした和装の正装にして参列すると、身も心も引き締まります。

着付けなどができない方は、おっくうになりがちですが、

和装は長い人生のなかでも、ここぞというときにはどんどん活用していきたいアイテムです。

特に、留袖を着ると間違いがないということもポイントです。

ステキな思い出としても残るので、機会があれば着ることを楽しんでみてください。

着物は「どう見えるか」よりも「どう見られるか」

■着物は素材にこだわる

洋装に比べて着こなしの失敗が少ない

結婚式での和正装では留袖が用いられますが、結婚式で着物を着る際には、種類によって格の上下がはっきり分かってしまうので、和装の基本マナーをしっかり押さえておくことが必要です。基本さえしっかり身に付けておけば、ドレスなどの洋装にくらべて着こなしの失敗が少ないのも、和装の良さでもあります。

着物で一番格が高い礼装が、正絹黒留袖です。これは、新郎・新婦の母親や一般的な母親、仲人夫人、既婚の姉妹、叔母などの親族の既婚女性が着ることになっています。着物の格は紋の数で決まってきますが、一番格が高い正絹黒留袖には五つ紋が入ります。

正絹黒留袖は染めのきもであり、使用される模様には裾だけに模様があり、縫い目によってその模様が途切れない絵羽模様が使われます。兄弟姉妹や近親者の結婚式では、裾模様の面積が少なく模様の位置が低いほど年配の方向けといわれています。

新郎・新婦の母親は、比較的落ち着いた柄の格調高いものが適しており、柄では鶴・亀・松竹梅・四君子・鳳凰などが良いでしょう。

帯も年代や立場を考えて、それにふさわしく格調の高いものを選ぶようにします。

金地・銀地・白地をベースにした、錦織や唐織の刺繍をあしらった、格調高い袋帯を二重太鼓に結びます。帯揚げ・帯締めの色は白や白金銀が基本で、総絞り・綸子のものを使用し、半衿と長襦袢は白を使用します。帯締めは、平打ち・丸組・丸ぐけにします。

草履は、礼装用のかかと4cm程度の、佐賀錦などが使用されている布製が適しています。小物として、金銀地紙で作られた末広を持ちます。

着物を着るときは立ち居振る舞いも大切

格が正絹黒留袖と同等なものに正絹色留袖があります。色留袖も染めの着物で、種類は五つ紋・三つ紋・一つ紋があり、紋の数が多いほど格が高いものとなります。五つ紋であれば結婚式などの正礼装として適しており、三つ紋は訪問着感覚で、一つ紋は略礼装として着ることができます。

色留袖は、未婚女性も着ることができるので、親族の女性や新郎・新婦の姉妹で20代~30代の方、祖母や叔母などが着ることができます。若い方であれば、可愛らしい色の大きめな柄を選ぶと華やかさが出ます。模様は、裾だけに絵羽模様があるもので、絵柄には格式ある文様や優雅でかつ華やかさが感じられるおめでたい柄を選びます。

帯は黒留袖と同様で、略式であれば色が入っていても大丈夫です。金銀の糸で織られためでたい柄を二重太鼓に結びます。帯揚げ・帯締めは、五つ紋では白で総絞り・綸子を選び、それ以外であれば淡い色を使用して華やかさを演出するのも良いでしょう。

訪問着は、既婚・未婚を問わず幅広く着ることが出来るものです。一つ紋を付けると略礼装でも着ることができます。また総絞りの訪問着は、結婚式などの華やかな席へ招かれたときに着ることも可能です。模様は、四季の草花を表現した古典的な絵羽模様で、前身ごろと後身ごろの両方に袖から上部に向かって模様が配置しているものを選ぶと良いでしょう。
帯はおめでたい柄の袋帯を二重太鼓結びにし、帯揚げはぼかしや絞りを使った、箔置きの淡い色で上品さが漂うものを選びます。帯締めには、薄い色に金の糸を使用した平打ちのものを、草履に佐賀錦などの布製、略礼装では金銀のエナメルでも良いでしょう。

着物のマナーも重要で、歩き方は、洋服の時よりも小さな歩幅でやや内股で歩くのが、着物での歩き方の基本です。歩きやすくするために、着付け後にあらかじめ裾割をしておくと、動きやすくまた着物が着くずれしにくくなります。座り方として、結婚式で椅子に座る時は、普段より浅く腰掛け、背もたれに寄り掛からないようにしましょう。また、足は閉じて両手は膝の上へ置きます。車に乗るときには、体を先にして足は最後に乗せます。そしてたもとは前に揃え、着物がはだけないようにしましょう。

着物は、相手にどう見えるかではなく、どう見られるかが大切です。せっかく素晴らしい着物を着ても、その方のマナーがなっていなければ、華やかな着物もくすんでしまいます。そのためには、着物を着たときの素敵な立ち居振る舞いも身に付けましょう。

■着物は織りにこだわる

機械織りと手織りとでは反物の価値も違ってくる

普段から着物を着る機会のある人は別ですが、現代人は着物を着る機会が圧倒的に減ってきています。けれども日本の伝統衣装である着物には、どんな洋服にも負けない独特の華やかさがあり、普段は洋服しか着ないという人でも着物を着ると歩き方は自然と内股になり、背筋がすっと伸びてまっすぐになるので、自然に姿勢がよくなります。

車から降りたり、椅子に座るときなどの動作も、着物を着ていると自然に上品で女性らしい立ち居振る舞いになり、見ている人に品のある印象を与えやすくなるのは着物の大きな魅力です。そして季節によってその柄も、合う着物も変わってきます。装いによって季節を感じさせることも着物を着ることの大きな魅力です。

着物には手織りと機械織りがあります。手織りと機械織りの差というのは、織りあがった生地を拡大してみると一目瞭然です。機械織りのほうは目がきちんと碁盤の目のように整っていますが、手織りの方は糸の太さや細さが混ざり、微妙に打ち込まれた空間があります。そしてこの空間によって生地に柔らかさが生まれます。職人が手で織ることによって織物自身が自然の味を醸しだし、独特の手触りや雰囲気を持った魅力ある織物になります。同じ産地であっても機械織りと手織りとでは反物の価値も違ってくるのが特徴です。

既婚女性が着用する着物の中で最も格式の高い着物にあたるのが留袖です。全体が黒のものを黒留袖、色で染めてあるものを色留袖と呼び、身内の結婚式に出席する際などに着用します。黒留袖は既婚者のみが着用しますが、色留袖は未婚者でも着用することができます。いずれも左右の裾の部分にだけ模様を配していて、袖の振りが小さいという特徴があります。

かつて女性は結婚すると振袖の袖を切って短くした

かつて未婚女性は好きな相手に振袖を着て愛情表現を行いましたが、結婚するとその必要が無くなるので袖を留めるという意味があります。娘が女性へ、そして女性が妻へと成長したことを表す風習であり、袖を落とす際に切るという言葉を使うと縁を切るという意味になるため、袖を留めるという言い方になったそうです。

黒留袖には背中、前の左右、袖の左右の5か所に家紋が入っています。この紋の5つ入った留袖は、主に身内の結婚式やお宮参りなどの際に着用されます。

古くは江戸時代から、女性は18歳になった時や結婚した時にはそれまで着ていた振袖の袖を切って短くしたと言われ、この風習が留袖となったと言われています。単なる風習として既婚の女性が普段から着用する着物の事を指していた歴史がありますが、19世紀の初めごろから、黒染めの五つ紋を入れ、裾のみに模様を入れた着物を既婚女性の正式な装いとする習慣が民間に広まってゆき、それ以来、この着物を主に留袖と呼ぶようになり、普段着から最も格の高い着物へと変化したのです。留袖は格式が高いので、結婚式でも仲人の奥さんや新郎新婦の親や叔母などの、ごく近親者だけの着用に限られています。五つの紋を入れ、衿と裾が2枚に見える比翼仕立てにして着用します。

色留袖の場合は黒ほど決まった形ではなく、未婚女性でも既婚女性でも着用することができます。着用する場によって紋の数や比翼仕立てにするかしないかなどが変わってきます。色の場合は黒よりも気楽に着用することができるとはいえ、やはり格式が高く、場に合わせて着ることが難しいという印象を受けますが、現在ではあまり堅苦しくならずに、近親者へのお祝いの気持ちさえあれば、どのような席でも着用することが可能だという考えが多くなっているようです。

また、女性が振り袖の袖を切り落とした部分は大切に保存しておき、第一子が生まれた時の産着として着用させるという風習もかつてはあったようです。

今から間に合う結婚式の留袖対策

■結婚式用の留袖もレンタルで

新郎新婦のお母様なら黒留袖がふさわしい

結婚式のゲストとして招かれたら、女性の場合、まず考えるのが衣装。

「何を着て行ったらいいだろう?」と多くの方が悩むと思います。

新郎新婦の友人など、年齢がまだ若い人たちは、華やかなドレスやスーツなどで充分ですが、

新郎新婦のご両親に近い年齢であったり、会社の上司である場合は、

どのレベルの衣装がいいのかわからなくて困ってしまいます。

実際、式に出席するゲストは、男性の場合はタキシードという人が多いようですが、女性の場合は、和服が人気のようです。

和服のなかでも、結婚式にふさわしいのは、訪問着や留袖です。

訪問着は準礼装なので、花嫁の友人や知人であれば、訪問着でよいかと思われます。

結婚式の礼装で、既婚女性が着るのであれば、やはり留袖でしょう。

留袖には、色のついたものと黒がありますが、第一礼装として身につけるのは、黒留袖です。

ちなみに、色留袖は、第二礼装ですが、五つ紋にすると黒と同格だといわれ結婚式にもふさわしいものになります。

新郎新婦のお母様であれば、ぜひ黒留袖を選ぶことをおすすめします。

近年では、洋装にする方も多いのですが、日本の結婚式には、黒留袖にかなうものはないと感じます。

気品はもちろん、華やかさもあります。自分の子供たちの一生に一度の儀式ですから、

第一礼装にしておくほうが、結婚相手のご家族はもちろんゲストからのイメージもあがります。

カジュアルな服装をしていたと後々文句を言われるような問題も起きることがないようにした方がよいでしょう。

洋装にしたい場合は、ロングドレスの黒を選んでください。昼間の結婚式であれば肩をかくしたデザインのもので、夕方からの披露宴であれば、少し華やかなタイプでもいいでしょう。くるぶしが隠れるくらいの長さで、帽子などもセットしましょう。

いずれにせよ、ドレスであれば両家のご両親同士で相談し、バランスを考えることが大切です。

いまや留袖はレンタルの時代!?

黒留袖は、会場や時間も選ばず、既婚女性であればどなたが来ても美しく見映えがします。

しかし、年齢や体系、背の高さなどに合わせて、その人にとって似合うデザインを選ぶことがポイントです。

レンタルショップや結婚式場の衣装係りの人であれば、経験も豊富ですから、ぴったりとしたステキな衣装を勧めてくれます。

基本としては、背が高い場合は、大柄で豪華なものが似合う傾向にあり、背の低い人であれば、柄の小さめのもので黒地が多いタイプがいいようです。体系がふくよかな方も、黒地にスッキリとした柄をあしらったものが細めに見えて美しく仕上がるようです。着付けで随分変わりますが、着物だけでなく、合わせる帯や帯止めなどでも雰囲気が変わりますので、いろいろ試してみると良いかと思います。

結婚式場では、衣装専門のスタッフがいたり、貸衣装を専門とする会社が会場と提携していたりするので、購入しなくてもレンタルをすればよいのですが、「和匠の留袖レンタル」のようにリーズナブル価格ではなく、ややお高くなります。通販のレンタルショップであれば、さまざまな年齢に合う種類を用意しているので、それぞれにふさわしいものを選べます。

もし、遠方から来られるゲストが貸衣装をレンタルしたいという場合は、年齢や背の高さなどを衣装の担当の人に伝え、当日までに用意してもらわなくてはなりません。やはりご自分で選べる通販のレンタルショップを利用するほうが便利でお得です。

ご両親以外にも、ゲストがもし和装をしてくれるのであれば、ぜひ着ていただきましょう。特にご親族の女性に留袖が多いと風格があります。「素晴らしい結婚式だった」と思えるように、衣装にも気配りをしておきましょう。

店長日記

店長

こんにちは。店長の平野です。
お客様から頂いたご質問や不安に思っている方にお伝えするような内容にしていきますので、ご覧ください。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ