• 初めての方へ
  • 留袖一覧
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合わせ

留袖にまつわる母と娘の愛情のこもった体験談をご紹介する留袖レンタル物語をご紹介いたします

検索条件
ご利用日
サイズ
価格帯
フリーワード

  • マイページ・ログイン
  • 新規会員登録
  • お気に入りリストを見る
営業日カレンダー
  • 2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
定休日今日
私の留袖レンタル物語

第38回|1,150グラムの極小未熟児で生まれてきた娘、私たちのもとに来てくれてありがとう

今川 春子(仮名)さん【59歳・専業主婦・兵庫県】

小さく生まれてきても、私たちにとって大きな存在の娘

 兵庫県に住む、59歳の専業主婦です。  主人とはお見合いをして結婚しました。ほどなくして妊娠。
 突然ですが、高年齢で太った人ほど、難産になるって知っていますか? 難産というか、妊娠中毒症になるリスクが大きく跳ね上がります。妊娠中毒症とは、おなかの赤ちゃんに栄養が行かなくなる、という恐ろしい病気です。

 ちなみに私は高年齢で出産した上、小太りです。そしたら案の定、といいましょうか。
 妊娠中毒症になり、7ヶ月で娘は摘出されました。ええ、もちろん帝王切開で、です。
 あんなに「赤ちゃんのために!」と栄養のある食生活を心がけて来たのに、娘に栄養はほとんどいっていなかったんですね。でも、娘はこう言っちゃなんですけど、NICU(新生児集中治療室)にいるときも、他の赤ちゃんたちに比べて、一番可愛らしくて美人さんだったんですよ。
 そのことをある日、思いきって主人に言ってみたら、主人が真顔で、
「お前もやっぱりそう思う? 実は俺もずっとそう思っていたんだ」
 なんていうんですよ。もう、二人そろってさっそく親バカですよ。そして、数ヶ月の後、娘は2,500グラムを超えて、無事退院。もう、感無量でしたね。
 そんな娘を迎えに行くとき、私も主人もスーツを着て行ったんですよ。それくらい、娘の退院は私たちにとっての晴れがましい出来事だったんですね。
 ところで、2,500グラムが、保育器を出られるボーダーラインらしいです。娘は1,150グラムで生まれたため、長い間、保育器を使わざるを得ませんでした。ですので、私たちは親として、新しい保育器の寄贈を真剣に考えたほどでしたね。

体が小さくたって、負けん気は人一倍!

 娘は小学校に上がっても、体こそ小柄でしたが、その負けん気の強さは驚くほどのものでした。自分よりずっと体の大きな、しかも男の子と取っ組み合いをして青タンを作って帰宅する、なんて日常茶飯事でしたね。
 なんかね、もう、自分で自分の身体をいじめているようで、「なんでなの?」って、私の方が傷だらけの娘を見てはうっすら涙を浮かべていました。
 しかし、肝心の娘はというと、ケロッとしていて明るいんですよ。傷薬こそ手離せませんでしたが……。
 それに、学校の先生からも
「ケンカをしても、相手とその後話し合ったりして自分で解決するんです。なかなか出来ないことですよ。素晴らしいです。」
 と、おとがめを受けるどころか、褒められるという具合でした。しかも、娘の場合は、取っ組み合いをした相手とは、のちのち何でも相談できる親友に発展するんです。まあ、サバサバしているというか、これには感心しました。なかなかできないことだと思いませんか?

お年頃になって、彼氏も出来て・・・

 おてんばという言葉ではとても語りつくせない娘でしたが、それでも思春期には彼氏が出来たんです。これには私も手放しで大喜びしました。
 しかしそのうち、「結婚したい!」なんて言い出したんですよ。交際3年目のことでした。相手は元・典型的なガキ大将の子で、娘とは同い年です。友達のようなカップルで、ほほえましく交際を見守っていた矢先のことでした。
 娘はまだ18歳、高校を卒業した頃でした。これには「早い!」とびっくりしてしまったのを今でも良く覚えています。
 幸い相手の親御さんとは意気投合して、留袖レンタルなんかも一緒に「和匠」さんに見学に行ったりしました。歳がほとんど同じということも手伝って、友達のようになれたんです。
 結局、私たちは結婚式の黒留袖を留袖レンタルで借りることにし、「和匠」さんにお世話になることにしたんですよ。若いこのカップルを大事にそっと見守っていましょうよ、というのが私たちの合言葉です。
 娘よ、体が小さくったって、生きていくのに関係ないことを証明してくれたね。幸あれ!!

留袖レンタル物語の目次(全47回)