• 初めての方へ
  • 留袖一覧
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • お問い合わせ

留袖にまつわる母と娘の愛情のこもった体験談をご紹介する留袖レンタル物語をご紹介いたします

検索条件
ご利用日
サイズ
価格帯
フリーワード

  • マイページ・ログイン
  • 新規会員登録
  • お気に入りリストを見る
営業日カレンダー
  • 2020年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
定休日今日
私の留袖レンタル物語

第17回|長女なしではここまで来られなかった

K・Yさん【64歳・薬剤師・福島県】

嬉しくも寂しい気持ちに!

留袖を着せて頂くと、厳粛な気持ちになると同時に、今まで育ててきた長女がお嫁にいくということで、嬉しくも寂しい気持ちになりました。

年の近い兄弟が多く、私も毎日家事、育児に追われておりましたから、長女をあまりかまってあげられませんでした。
そんな中、長女が下の子たちを見てくれて力になってくれた事がとてもありがたかったです。

高校卒業と同時に家を出て、就職後も独り暮らしをしていましたので、かれこれ10年くらい離れておりました。
もともと何事も一生懸命に取り組む子でしたので、就職後に体を壊した時はとても心配しましたが、結婚が決まり退職して少しの間一緒にまた生活できたのがとても嬉しかったです。

式の会場は東京でしたので、福島の家からですと3時間近くかかります。
留袖をどの様に準備するか、着付けはどこでお願いするかで悩みましたが、結局地元の貸衣装屋さんでレンタル致しました。
結納の時にも着物をレンタルさせて頂いたので、スタッフの方を信頼しておりました。東京の会場にも着付けに必要な小道具も含めて、一式、前日に到着するよう発送してくださるとの事でしたのでお願い致しました。

留袖は柄も様々ありますし、実際に試着しながら決められたので安心でした。
新婦の母親ですので、目立ち過ぎてはいけませんし、参列者の方とも柄が重複しないように気を遣いました。ベテランのスタッフさんにアドバイスを頂きながら選ぶ事ができましたので大変心強かったです。式後もその場で着替えて、発送してくださったので荷物にもなりませんでした。レンタルは本当に便利で有難かったです。

あなたなら大丈夫、お母さんの自慢の娘です!

結婚はおめでたいことですし、いつかは娘も結婚すると思っておりましたが、実際にその時が来ると、嬉しい半面、寂しさもこみあげてきました。娘は元気で明るく誰からも好かれる子ですので、お相手のお家にも溶け込んでくれると思います。
いつも私を助けてくれていましたので、長女なしではここまで来られなかったと思います。
十分に愛情をかけてあげられなかった、厳しくしつけすぎたと今となって反省していますが、子育ての期間は本当に無我夢中でした。

足らないお母さんで申し訳なかったけど、いつもお母さんを支えて、下の兄弟たちの面倒もみてくれてありがとう。我慢させてしまった事も多かったなと今となって、反省しています。
あなたがいたからいつも我が家は明るく楽しかったです。

これから新しい家庭を築いていきますが、二人で仲良く、楽しい家庭を作ってください。旦那さんの話をよく聞いて、家で何でも話せるように、疲れをとれるように支えてあげてくださいね。
あなたなら大丈夫。お母さんの自慢の娘です。

その時は無我夢中で、苦労もあるけれども、振り返ってみればすべて天の計らいというものです。私は、子どもたちからたくさんの喜びをもらいました。子育ては親の思う通りにならない事の方が多いですし、子どもたちはみんな違う性格で、それぞれに良さがあります。
子育ての中で、本当に自分の足らなさを気づかせてもらい成長ができました。
子どもをたくさん産んで育てる中で、色んな人を理解し、愛せるようになってください。

進路や結婚など、親の価値観を押し付けてしまうと反発したり、心を閉ざしてしまう事があります。私も子どもに幸せになって欲しいあまりに子どもに口を出し過ぎてしまう事もよくありました。
よく話し合ってくれば良かったのですが、毎日バタバタと追われるように生活していましたので、その様な事もあまりできませんでした。

これで良かったのかと悩む日々もありましたが、無事に就職してやりがいを持って仕事に打ち込む姿や、結婚が決まり幸せそうな姿を見て、自分で人生を歩んでいく事ができていて本当に良かったと思いました。

福島県は農家など地元に根付いた方が多いので、県内出身同士で結婚する場合が多いかもしれません。
私自身、夫とは鹿児島出身と福島出身で結婚しておりますので、娘の相手の方は京都の出身ですがそれほど驚きはしませんでした。
地域が異なれば結婚に際する風習も異なりますので、結納式、結婚式などもお相手の方のご両親のご意向も良く伺って、きちっと行っていくのが後々も良い関係でいられると思います。

留袖レンタル物語の目次(全47回)